ホーム

2017年5月にオープンした新しい劇場です


” 表現者の夜明けをともに ”
演劇、落語、お笑いライブや音楽、ダンス、映像イベントはもちろん、写真、アート、
スポーツ、料理、園芸などなど、あらゆるジャンルの表現者の方々に、アイデア次第で
文字通り、ドーンと思い切ってチャレンジしてもらえる空間づくりを目指しました。



ご利用の流れ
 
収録オプションサービス

 

ピックアップ情報

     
劇場主催のチケットはコチラ◎
お笑い(劇場主催) お笑い しもきた寄席(劇場主催)

お笑いへの造詣の深さで知られるTBS元アナウンサー:プロデューサー浦口直樹氏プロデュースによる、新しいお笑いライブ。

芸人本気の10分ネタ&次世代芸人のショーケース【ショーゲキしもきたドォ〜ン!】
毎月第3土曜開催中!

詳しくはこちらの専用ページにてご案内してます

【ショーゲキしもきたドォ~ン!】が、TVK・テレ玉で放送中の「達人道(たつじんのみち)」で特集されました!ここをクリックすると番組をご覧いただけます!


【ドーンモータースLIVE】
しもきたドーンで、あのモータースLIVEの開催決定!
2019年より現行のレフカダBが『ドーンモータース』と銘打ち、しもきたドーンにて開催されることになりました。

モータースLIVEは200組以上の若手お笑い芸人が明日のスターを目指してしのぎを削るライブ。4段階にレベルが分かれており、毎月の結果によって上下します。
ドーンモータースLIVEは上から二番目に位置するLIVEです。

チケット予約は、
Twitterのアカウント@lefkadamortorsにDMをお願いします!

開催日 2019年1/10,11、2/7,8、3/7,8、4/4,5、5/9,10、6/66,7、7/4,5、8/8,9、9/5,6、10/3,4、11/7,8、12/5,6


【鈴々舎馬るこ勉強会「まるらくご爆裂ドーン」】2019年1/15、2/12、3/12 ※毎月開催

出演 鈴々舎馬るこ、学生落語選抜メンバーなど

下北沢で鈴々舎馬るこが毎月定例のネタおろしの会をスタート。「下北落語の進化理論」が明らかに!

【カンフェティ】からのご予約はコチラから!

●劇場主催チケットはコチラ
しもきた寄席(劇場主催) MUSIC LIVE 演劇

【三遊亭わん丈独演会】2019年1/8 ★終了
三遊亭わん丈初下北沢で、新年初なので、前座さんもなしで、ネタおろしをしたり、新年の手ぬぐいをプレゼントしたり、音響効果とかスライドとかを使ったりするかもしれない独演会

【キャスルズ〈リアル〉東京:CAS live.106】
新世代型アーティストとサポーターが〈リアル〉に繋がるライブイベント
2019年1月20日(日)
【時間】
開場 11:45/開演 12:00(予定)

【出演】
メインアクト:ふき(山形)/あむ/Yoh(熊本)
ショートアクト:sasaki/るー/ほか
トークキャスト:キャスルズ東京
from Casting Artist Syndicate

【詳細】
http://pistream.pih.jp/190120/

【予約】
ネット予約:http://pistream.pih.jp/ticket/
アーティスト予約:各アーティストにて前売取置き受付中


劇団B定食公演 ミュージカル【今日は、ひとまず、さようなら。】2019年2/1~3

かけがえのない命って誰が決めるの?
わたしの悩みではないけれど、
隣のあの子の悩み化もしれない。
生きるって最高、あなたに出会えてよかった!
街で流れる音楽はみんなそう歌うけれど、
今のわたしにはわからない。
「ここには、ただ私がいるだけ」
生と死の闇の世界で、5つの人生が交差する。

もう一度舞台を作りたい。
その想いだけに全てを乗せ、戻ってまいりました。
1度限りの劇団B定食がお届けする、
これが、最後の、ハッピーエンドです。

朗読会 トークライブ 演劇

DIRT1600 しもきたドーン提携公演【OAKS ~史上最高のおもてなし】2018年11月23日(金)~25日(日)★終了
高級キャバクラ店「OAKS(オークス)」を舞台に、お届けする、ハートフルコメディです。
◆作・演出 河田キイチ(BOOMER)
◆出演者
大河内一樹(DIRT1600)
平賀絢子
成田愛穂
中村彩香
平野創也(DIRT1600)
栖関亜里沙
綾原ゆうか
芹川奈央 
タッキー飯(DIRT1600)
ほか


【せやろがいおじさんのトークライブ】
2018年11月14日、15日★終了

YouTubeチャンネル「ワラしがみ」で人気のせやろがいおじさん東京で初のトークライブ!


【めくるめく、めくらない日々。】2018年3/2~4 ★終了

<出演>
大沢真一郎、木本夕貴、小山修平、稲葉信隆、黒木了、宮田幸輝、柿原裕人

<脚本・演出>
稲葉信隆

※舞台を平台で拡張&客席にひな壇を組んでの公演。このほか様々なご要望がございましたらご相談ください。